超音波によるねずみ退治について

subpage01

ねずみ退治の方法には、大きく、罠や粘着シート、殺鼠剤を用いての駆除と、臭いなど、ねずみの嫌がる忌避剤を用いて行う方法の2つがあります。

駆除においては、最終的にはねずみを抹殺することを目的として行われますが、忌避による方法では、ねずみを近づけないことを目的として使用されます。



ねずみ退治の方法の1つに超音波があります。

超音波は忌避による方法になり、ここでは、嫌がる音を出すことで効果を発揮します。

鋭い観点からYOMIURI ONLINEの最新情報ならこちらを参考にしてください。

ねずみ退治に使用される超音波撃退機器は、多くのメーカーから販売が行われていますが、基本的な原理としては、人間には聞こえない強い高周波をねずみに向けて放出することがあり、機器によっては、効果を上げるために数種類の音が出せる製品も販売されています。



機器を設置することで音が壁や天井に跳ね返ることになり、ねずみに大きな音として感じさせることができるために効果を得ることができます。機器の設置においては、難点があることも理解しておく必要があります。

まず、住宅の空間ごとに設置が必要となる点があります。
例えば、天井部分、居間、個室などとそれぞれに行う必要があり、抜けてしまうと設置されていない別な部屋に出没することになります。
次に、空間に使用されている素材や設置されている物があります。超音波は硬い面には反射をしますが、柔らかい場合には吸収されてしまうことになり、効果を得ることが難しくなります。


3つ目としては音に対するねずみの慣れがあります。音に慣れてしまうことで効果が半減することになり、機器の購入においては、設置個所、方法など、効果面を確認した上で判断をする必要があります。