超音波によるねずみ退治

subpage01

ねずみ退治の方法には、ねずみ取りを仕掛けたり、床に粘着シートを置いたり、浸入口をふさぐ方法などがあります。



しかし、ねずみは2cm程度のすき間があれば家の中に入ることができると言いますから、浸入口をふさぐのは難しいでしょう。

産経ニュースに関する情報満載のサイトです。

ねずみには歯がありますから、かじって入ってくることも考えられます。ねずみ取りを仕掛けてもかからない、粘着シートにくっついていないという場合に、超音波によってねずみ退治のできる装置が販売されています。
ねずみの嫌いな周波数の出る装置を、ねずみが出そうな屋根裏や床下などに設置することによってねずみ退治ができるというものです。超音波の出る装置は、延長コードなどを使って屋根裏や床下などのねずみが出そうなところに置きます。


ただし、超音波が届く範囲は限られていますから、家が大きい場合は、複数の装置を設置することになります。



また、超音波は硬いものにあたると反射しますから、途中に壁や柱がある場合は、遮断されてしまうおそれがあります。
さえぎる物が何もない空間で威力を発揮する装置です。空間が広がっている屋根裏や床下などはよいでしょう。
使用上の注意点としては、超音波の聞き取れる人がいますから、ねずみにも聞こえますが、人間にも聞こえてしまうということです。また、猫やハムスターなどの小動物を飼っている人は、これらのペットに影響が出てしまう可能性があります。
ペットをどこかに移してから試した方がよいでしょう。